haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 『ヒトラーの防具』TOP 【箒木蓬生 著】 ≫ 『ヒトラーの防具』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『ヒトラーの防具』

今日の記事は、重いです…
ヒトラーの防具〈上〉 (新潮文庫)/帚木 蓬生
¥780
Amazon.co.jp

東西の壁が崩壊したベルリンで、日本の剣道の防具が発見された。「贈ヒトラー閣下」と日本語で書かれ、日本からナチスドイツに贈られたものだという。この意外な贈り物は、国家と戦争に翻弄されたひとりの男の数奇な人生を物語っていた―。1938年、ベルリン駐在武官補佐官となった日独混血の青年、香田光彦がドイツで見たものとは、いったい何だったのか。

【アマゾンより引用】

ヒトラーの防具〈下〉 (新潮文庫)/帚木 蓬生
¥780
Amazon.co.jp

父の国であるドイツの現実に、次第に幻滅を覚えてゆく香田。ついに成立した日独伊三国軍事同盟も、彼の思い描いた祖国の進路ではなかった。迫害に怯えるユダヤ人女性・ヒルデとの生活にささやかな幸福を見いだしたのも束の間、居合術をヒトラーの前で披露する機会を与えられたことをきっかけに、香田の運命は大きく狂いはじめた…。清冽なヒューマニズムで貫かれた大作ロマン。

【アマゾンより引用】


戦争って、本当にイヤです…


ヨーロッパの戦争も、日本の戦争も、歴史の授業で学んだり、テレビのドキュメント、ドラマ、映画などで観たり、漫画を読んだり、本を読んだりして、知識はありますが、幸せなことに、本当に幸せなことに、戦争を経験したことがない私には、


戦争は、本当にイヤだ…


という感想しか出てきません。


知識としてはあるけれど、人間の焼ける匂い、腐っていく匂いは、映像からも、文字からも分かりません…


人間が、人間としての尊厳にかまってられないほどの状況に置かれたとき、生き抜くためにした行動を、平和で、のほほんと生きている私には、何も言えません…


でも、主人公が、そんな過酷な状況の中でも、人間としての尊厳を保ち、客観的な目で冷静にドイツを見続けていたので、上下巻の読み応えたっぷりの量でしたが、イヤになることなく、むしろ、先がどうなるか早く知りたくて、一気に読んでしまいました…




ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment

1. 無題
編集
98年に留学先で寮生活だったとき、隣部屋にはアルバニア系コソボ人がいました。みんなでニュースを見てて、建物の壁には銃弾が撃ち込まれてる戦場の街が映り、少しの微笑みを浮かべて「この店、実家の近所でよく行ったよ」と。なぜ微笑むことができるのか?との問いに、戦争には慣れた、との言葉。返す言葉が見つかりませんでした。
当時帰国後の進路で悩んでた私に、「でも、帰国しても戦争に参加しないといけないわけじゃないでしょ?」と。確かにそうなんです。そんなことで悩めるというのはとてつもない贅沢なんだな、と思いました。
彼ら(アルバニア系)は「僕たちは武器を持とうと思う民族ではない。」と。誰も戦争は望んでいません。でも、争いが終結し始め、起こったのはアルバニア系過激派がセルビア系の街を襲撃したという事実。とても難しい問題だと思いました。でもね、他民族には理解できない、と言われればそれまでなのでしょうか。
2010年06月30日(Wed) 17:10
2. ♪Rahkisさん
編集
民族問題は、本当に難しい問題です・・・
でも、この『ヒトラーの防具』の中に、こんな一文がありました。

ユダヤ人も人間だ・・・

そう。これが真実だと思います。
戦前のドイツでは、ユダヤ民族ではありますが、ドイツで生まれ、ドイツで育ち、ドイツ語を話す
”ドイツ国民”が同じ”ドイツ国民”から虐殺されました。
民族が違うという理由で、襲撃したり、虐殺していいはずがないと思います・・・

でも、これも、民族差別にあっていない、幸せな私だから言えることかもしれません・・・
2010年06月30日(Wed) 18:44
3. 読んでみたい
編集
こんばんは。

何とコメントしようかと思いながら…。
ぜひ読んでみたい本ですね。

>人間が、人間としての尊厳にかまっていられないほどの状況……

今の状況で、当時を語ることはできません。
しかし事実を、状況を知っておくことがとても大切なんだと思います。
重たそうな本ですが、読んでみますね。
2010年07月01日(Thu) 01:08
4. ♪ピノッコッペと炉端の人々さん
編集
こんな重い内容の記事にコメントいただき、ありがとございます。

上に立つ人間の資質だけじゃない、国民一人ひとりの行動(行動しないこと)によって、ここまで暴走できるのかと思い知らされる小説でした。

オススメですので、ぜひ、読んでみてください(-^□^-)
2010年07月01日(Thu) 09:32
5. 無題
編集
この本は読んでいないけど
この作家さん結構、読んでるよ~。
読み応えもありそうだね。
探してみようっと。
2010年07月01日(Thu) 14:00
6. ♪ポテサラさん
編集
アマゾンの書評でも高評価なので、箒木さんの作品の中でも、いい作品じゃないかな?と思ってます。

ぜひ、読んでみてください。(*^▽^*)
2010年07月01日(Thu) 14:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。