haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 『エンブリオ』TOP 【箒木蓬生 著】 ≫ 『エンブリオ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『エンブリオ』

エンブリオ (上) (集英社文庫)/帚木 蓬生
¥540
Amazon.co.jp

もっとも神へと近づいた医師。
患者に人気の天才産婦人科医・岸川は、その裏で異常な試みを進めていた。男性の妊娠実験、培養した胎児からの臓器移植…彼が目指すものは何なのか。医療の極限を描く問題作


エンブリオ―それは受精後八週までの胎児。天才産婦人科医・岸川は、人為的に流産させたエンブリオを培養し臓器移植をするという、異常な「医療行為」に手を染めていた。優しい院長として患者に慕われる裏で、彼は法の盲点をつき、倫理を無視した試みを重ねる。彼が次に挑むのは、男性の妊娠実験…。神の領域に踏み込んだ先端医療はどこへ向かうのか。生命の尊厳を揺るがす衝撃の問題作。

【アマゾンより引用】

エンブリオ (下) (集英社文庫)/帚木 蓬生

¥560
Amazon.co.jp

生殖医療の闇を描く渾身作。
不妊治療に実績をあげる岸川の病院の地下2階には「ファーム」と呼ばれる立ち入り禁止の施設があった。生殖医療の無法地帯に君臨する医師の恐るべき企みを通して、生命の尊厳と人間の未来を問う。


「男性の妊娠」研究を国際学会で発表し、各国の賞賛を浴びた岸川。彼の高度な医療水準に、アメリカで不妊治療をビジネス展開する大企業が目をつける。最先端の技術と情報を盗むため、巨大組織が仕掛けた卑劣な罠。そして、それに対して岸川がとった恐るべき反撃策とは。岸川の持つ闇が徐々に暴走し始める…。生殖医療の暗部を鋭くえぐり、進みすぎた生命科学が犯す罪を描き出した戦慄の長編小説。

【アマゾンより引用】


倫理とはなにか?


どんなに医療技術が発展しても、それでも、やってはいけない医療行為があるように思います。


小説の中に出てくる、中絶胎児の臓器を使用した医療行為…男性の妊娠…


時代、個人の思想・環境…

さまざまな要因により、「やってはいけない」と思う医療行為は、人それぞれでしょうが、なんらかの線引きは必要なのに、日本は、その線引きを自ら議論して引こうとしない国だと批判しているように思いました。




ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。