haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 『珍妃の井戸』TOP 【浅田次郎 著】 ≫ 『珍妃の井戸』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『珍妃の井戸』

珍妃の井戸 (講談社文庫)/浅田 次郎
¥660
Amazon.co.jp

『蒼穹の昴』に続く清朝宮廷ミステリー・ロマン!
誰が珍妃(ちんぴ)を殺したか?愛が大地を被い、慟哭が天を揺るがす──荒れ果てた東洋の都で、王権の未来を賭けた謎ときが始まる。

列強の軍隊に制圧され、荒廃した北京。ひとりの美しい妃が紫禁城内で命を落とした。4年前の戊戌(ぼじゅつ)の政変に破れ、幽閉された皇帝・光緒帝の愛妃、珍妃。事件の調査に乗り出した英・独・日・露の4人の貴族たちを待っていた「美しい罠」とは?降りしきる黄砂のなかで明らかになる、強く、悲しい愛の結末。
【アマゾンより引用】

『蒼穹の昴』シリーズの第2弾に位置づけられる作品です。

アマゾンの書評にもありますが、これを単体で読むと、はてなマークはてなマークはてなマークとなりかねない作品で、『蒼穹の昴』を読んで、登場人物たちをしっかり把握した上で、こちらを読むと、よく分かると思います。

珍妃という側室がいたのも、史実、実際に井戸で亡くなったのも史実ですが、誰の手によって(命によって)命を落とすことになったのかは、いまでも謎なんだそうです。

そんな謎に対する浅田さんの回答がこちらの作品に書いてあるんですが、皇帝の寵妃が亡くなったという事実は、とてつもなく重い意味を持つからこそ、その謎を当時の列強各国の貴族達が調査する価値があることを、まず、教えてくれます。

そして、動乱期においては、特に、権力の中枢にいる人々の死は、周囲にいる人たちの思惑によって、当人の思いなどそっちのけで、いろんな意味を持たせられてしまうんだな…と思いました。

次の『中原の虹』も楽しみです音譜

ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。