haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 『マリア・ビートル』TOP 【伊坂幸太郎 著】 ≫ 『マリア・ビートル』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『マリア・ビートル』

マリアビートル/伊坂 幸太郎
¥1,680
Amazon.co.jp

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は、北を目指し疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

【アマゾンより引用】


『グラスホッパー』を以前読み、面白かった記憶(ちゃんと覚えておけば…あせる)があるので、読むのを楽しみにしていました音譜


これでもか、というくらい悪意の塊の中学生…

本で得た知識で、”世界”を分かったような気になって、回りの大人を見下しています。


でも、出会う大人にする質問が


どうして、人を殺してはいけないの?

戦争や死刑制度で人を殺すこともあるのに、どうして殺してはいけないの?


というもので、この質問って、実は、子供っぽい質問だよなぁと思いました。


どうして?と聞かれて、上手く答えられる「大人」(私も含めて…)がどれぐらいいるか分かりませんが、でも、「大人」は、たとえ言葉で上手く説明できなくても、感覚でちゃんと分かっているんじゃないかな?と…


そんな質問をすること自体が、子供なんだよ…


と、ツッコミ入れながら読んでました…



そして、井坂さんは、なぜ人を殺してはいけないか、を、それこそ中学生が読んでも分かるように、丁寧に分かりやすく説明してくれました。


そこの説明だけでも、この本を読んでよかったと思いましたニコニコ



ただ、読み終わった後、『グラスホッパー』をもう一度読み返したくなったけど、この間、本の片づけをしたときに、古本屋さんに売り飛ばしてしまっていて、読めず…ガクリ


しくじった~叫び



古本屋さんで買っちゃう?にひひ




ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。