haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 『プラチナデータ』TOP 【東野圭吾 著】 ≫ 『プラチナデータ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『プラチナデータ』

プラチナデータ/東野 圭吾
¥1,680
Amazon.co.jp


犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。犯人は、神楽自身であることを示していた―。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。

【アマゾンより引用】



ちょっと前に読み終わって、さて、どんなお話だったっけ?と思い出す必要がある本。


システムの検索に引っかからない「犯人」とは?

神楽と行動を共にする謎の少女は誰?

なぜ、犯人でない主人公が犯人とされる?


分からないことが、こういうことか~ニコニコと、いい裏切り感を持って分かったときの爽快感よりも、えぇ~?そういうことなの?むっとちょっと納得いかない分かり方の印象の方が強かったなぁ・・・あせる



犯罪防止を目的として、作り上げた素晴らしいシステムも、運用する人間の意図次第で、ただ単に支配する側に都合の良いモノに成り下がってしまうんですよね…


政治家が、調子のいいことを言うときほど、その裏側にある真意をよくよく見極めなくてはいけないと、まじめなことを考えさせられる本でした…





ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。