haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 『謎解きはディナーのあとで』TOP観たもの・読んだもの ≫ 『謎解きはディナーのあとで』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『謎解きはディナーのあとで』

謎解きはディナーのあとで/東川 篤哉
¥1,575
Amazon.co.jp

執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!

ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。
彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。
本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。

【アマゾンより引用】

本格ものの謎解き」とありますが、それはちょっと言いすぎでしょう…むっというのが私の感想。

本屋大賞を受賞したということで、新聞にも書評が載っていて、良いって書いてあったから、買ったのにさ。

たしかに、執事とお嬢様の掛け合いは面白いですが、そこだけなんですよね…

短編ですし、普段、あまりミステリーを読まない人向けに、入門編として読むのにはいいかな。

それに、これだったら、出張とかの新幹線内であんまり考えたくないけど、なにか読みたいという人にお勧めできるかな。

(ハードカバーで重い点が残念ですが…あせる

本格ミステリー」をたくさん読んできて、目目が肥えてる(自称)私には、これで、1575円はもったいなかったな苦笑

ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。