haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 『獣の奏者 外伝 刹那』TOP観たもの・読んだもの ≫ 『獣の奏者 外伝 刹那』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『獣の奏者 外伝 刹那』

獣の奏者 外伝 刹那/上橋 菜穂子
¥1,575
Amazon.co.jp


120万部突破の人気シリーズ「外伝」登場
エリンとイアルの同棲時代、師エサルの若き日の苦い恋、息子ジェシのあどけない一瞬……。
本編では明かされなかった空白の11年間にはこんな時が流れていた!


ずっと心の中にあった エリンとイアル、エサルの人生――
彼女らが人として生きてきた日々を書き残したいという思いに突き動かされて書いた物語集です。
「刹那」はイアルの語り、「秘め事」はエサルの語りという、 私にとっては珍しい書き方を試みました。
楽しんでいただければ幸いです。

                 上橋菜穂子


【本書の構成】
1 エリンとイアルの同棲・結婚時代を書いた「刹那」
2 エサルが若かりし頃の苦い恋を思い返す「秘め事」
3 エリンの息子ジェシの成長を垣間見る「はじめての…」

【アマゾンより引用】


今、ちょうど、教育テレビで”獣の奏者 エリン”を再放送していますね。


いずれ、もう一度読み返したいと思って、Book Offにも売らなかった『獣の奏者』を読み終え、外伝って出ないのかな?と思っていたら、やっぱり出てました。


上橋さんは、精霊の守り人シリーズのあとがきや、この獣の奏者シリーズのあとがきでも書かれていますが、どの作品も、児童文学として書いているつもりはないとおっしゃっています。


結果的に、『獣の奏者』は、児童文学の出版社から出版され、”児童文学”として子供にも読める、読みやすい物語になってはいますが、大人が読んでも、読み応えのある、むしろ、ここに書かれている部分は、子供には難しいだろうなぁ…という部分が多々あります。


そして、この外伝ですが、これは、はっきり言って子供には無理だろう…という作品です。


経験を重ね、青春時代を過去として、思い出として思い出せるような”大人”の方にぴったりかな…



私には、「はじめての…」が一番リアルでした。


エリンの息子ジェシとそんなに変わらない子供がいますし、環境に恵まれているとはいえ、子供を育てているので、これは、上橋さんの実体験?と思えるほど、真に迫っていましたニコニコ



ぜひ、『獣の奏者』シリーズを読んで、外伝も読んでみて下さい音譜




ペタしてね


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。