haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 『神様のカルテ』TOP観たもの・読んだもの ≫ 『神様のカルテ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『神様のカルテ』

神様のカルテ (小学館文庫)/夏川 草介
¥580
Amazon.co.jp


この病院では、奇蹟が起きる。
栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365対応」の病院で働く、29歳の内科医である。ここでは常に医師が不足している。

専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。

妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。

そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。

だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。

悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。  第十回小学館文庫小説賞受賞作。2010年本屋大賞第2位。


【アマゾンより引用】



アマゾンでは、高評価と低評価と分かれていますが、私は、とてもよい本だと思いました


本屋大賞を受賞し、同じように映像化された作品で手痛い思いをした本があったので、買うつもりはなかったんですが、


時間をつぶすために寄った本屋さんで、本の薄さにひかれて(なんて失礼なんでしょう…汗買って読んでみたら、


最初、主人公の時代がかった話し方に違和感を感じ、時間をつぶすために読んだところでほったらかし(なんて失礼なんでしょう…汗にしていましたが、


最近、読みかけだったことに気づき、続きを読みました。



途中、何度も鼻の奥がツーンとして、泣きそうになりましたが、最後、安曇さんの思いがけない贈り物のくだりでは、通勤電車の中で(しかも朝!!えっ)泣いてしまいました嘆



文庫版の解説で私の大好きな作家さんの上橋菜穂子さんが


読後、ほっこりとあったまる作品です


と解説されていますが、その通りでした。ラブラブ



生き物は、いつか必ず死にます。


自分が、家族が、治る可能性があるのであれば、どんなにみっともなくてもあらゆる可能性にかけますが、治らないと知ったとき、覚悟したとき、どのように最期を送るか、とても大切なことを教えてもらった本でした。





ペタしてね

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。