haricot rouge*** ハンドメイド日記

”Variety is the spice of life”~変化は人生の香辛料~ 新しい出会いや体験は、人生を豊かに彩るスパイス♪
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 『疾風ガール』 『ガール・ミーツ・ガール』TOP観たもの・読んだもの ≫ 『疾風ガール』 『ガール・ミーツ・ガール』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『疾風ガール』 『ガール・ミーツ・ガール』

疾風ガール (光文社文庫)/光文社

¥680
Amazon.co.jp

あたしが連れてってあげるよ、ビートと熱狂の果てまで――
あたし、夏美。19歳、んでギタリスト。愛器の真っ赤なギブソンで、大好きなメンバーとぶっ飛んだライブの毎日……ずっと続くと思ってた。魂の底からリスペクトしてたボーカルの薫が、突然自殺するまでは。真実を確かめなきゃ、死んだなんて認めない! 気弱な29歳の芸能マネージャー・祐司を引き連れ、今あたしは走り出す――

宮原祐司29歳は、ミュージシャンの道を諦め、巨乳グラビア・タレントを抱える「フェイス・プロモーション」に入社した。しかしある日、偶然目にしたアマチュア・ロックバンド「ペルソナ・パラノイア」のライブに衝撃を受ける。ギタリストの夏美は19歳。他のメンバーを従えて、大物の雰囲気十分。そのセンスに惚れた祐司が夏美をスカウトしようと必死になる中、突然ペルソナのボーカル・薫が謎の自殺を遂げる。一体なぜ――? 
夏美と祐司が真実を追いかけ大疾走、ロック&ガーリー系青春文学誕生!
【アマゾンより引用】

ガール・ミーツ・ガール (光文社文庫)/光文社

¥660
Amazon.co.jp

柏木夏美は、デビュー間近の事務所期待のミュージシャン。けれども、ビジネスモードな大人たちとは噛み合わないことばかり。マネージャーの宮原祐司も、気分屋で頑固な夏美に振り回されっぱなしだ。そんなとき、二世タレントのお嬢様アーティストとのコラボレーションの話が舞い込む。性格も音楽性も天と地ほど違う異色コンビの命運は? 痛快で熱い青春小説。
【アマゾンより引用】

間違えて、シリーズ2作目を先に読んでしまいました
ガーン
2作目の『ガール・ミーツ・ガール』の中で、1作目の『疾風ガール』のバンドメンバーの自殺の真相を解き明かしたとあったので、どんな風に解き明かしたのかとワクワクして読んだら、真相(だろうこと)を解明した後の展開が雑でもう少し丁寧に夏美の心情の変化を書いて欲しかったな~

『疾風ガール』と題名がつくだけあって、夏見の気分がコロコロ変わって、元ガールの私にはついていけない・・・

自分の気持ちだけで突っ走り、周りの人間が振り回されるのはおかまいなし、というか私についておいで!という女王様だなんて、普通だったらとんでもないかもしれないけど、周りをひきつけてやまない不思議な魅力が備わってるスターだからこそ許されるのかも

でも、『ガール・ミーツ・ガール』では、女王様な部分に夏美自身が気がつき、大人になる様を描いていくので、このシリーズは、読む順番を間違えてはいけませんあせる
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
怖いもの知らずの無謀なハンドメイドの挑戦記録と家族(王・私・あね姫・ちび姫・やんちゃ王子)のあれこれを綴っています

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。